軽い運動でも筋肉はつくものです

軽い運動でも筋肉はつくものです

筋肉をつけて自分を変えたいと思ったら何でもいいから運動を始めましょう!特に筋トレに固執することはないですよ。

 

運動しているうちに筋肉って自然についてくるものなんです。

 

難しく考えるだけ損ですよ。

 

 

簡単に考え、好きな運動を続けることから始めましょう。

 

ランニングが好きならランニングでもいいですし、走ることが苦手なら歩くだけでもいいのです。

 

歩くだけで十分な運動とは言えないので、歩くだけの運動を選ぶなら大股で歩くようにしましょう。

 

 

大股で歩いていると両腕が大きく動くと思います。

 

無理がない範囲で両腕を大きく振って大股で歩けば、いい筋肉が上半身にもついてきます。

 

男性の場合は女性よりも筋肉がつきやすいので、歩く運動なんて・・・と歩くことを馬鹿にしないで続けましょう。

 

とにかくどんな運動も続けないと良い筋肉はついてくれないんです。

 

 

歩くだけでは物足りないと思ったらランニングに切り替えてもいいですし、軽い筋トレを加えても良いでしょう。

 

 

自分の中の筋肉がつきやすい部分

自分の中の筋肉がつきやすい部分

 

筋肉をつけたい部分が中々つかず、ついてほしくない所がついてしまうという困った体質の私なのですが、腹筋をどうにか6つに割りたいのですが時間がかかってしまいそうです。

 

 

私の特徴として腕の筋肉がやたらついて体幹がつきづらいという体質なのですが、腕ばかり筋肉がどんどんつき、体幹はほっそりとしており、まるでワンピースのフランキーのような体型になってしまい見た目がすごく悪いです。

 

 

腕の筋トレも自分の体重でのみの腕立て伏せしかやっておらず、腹筋に至っては毎回筋肉痛になるほど追い込んでいます。

 

 

私の筋トレの方法が悪いのかそれとも私の前述したように体質的に体幹はつきづらいのか困っています。

 

 

ですが、意外にも腕の筋肉があると女性受けが良いのでこれはこれでお得だなと思ってしまうのもまた事実です。

 

身体の線が細いので割りと痩せ型だと見られがちなのですが、そこはギャップを狙えるのでプラスマイナスゼロだと私は思っています。

 

 

もし私と同じように腕だけついてしまい悩まされていると共感がもてる人がいればとても救われるのですがね。

 

 

 

すべての筋肉をまんべんなく使えるストレッチ

すべての筋肉をまんべんなく使えるストレッチ

ストイックなだけが筋トレではないんです。

 
最近、免疫学の医師が書いた本を読んだのですが、その中で楽で体に負担をかけないユルイ筋トレがあることを知りました。

 

その先生自身この体操を始めてから体重がスルスルと落ち引き締まった体になったそうです。

 

やり方は、まず足を肩幅程度に開いて立ち、両手を上げ天井に八の字を書くだけです。

 

傍目にとても間抜けでカッコ悪いのですが、けっこう難しくて最初はかなりぎこちない動きになります。

 

そのうち慣れてくるとスムーズに体が動くようになり、全身の筋肉が気持ちいい程度に刺激される感じです。

 

これを1日に何度か繰り返すだけでいいというのですからお手軽です。

 

本当にこんなんで効果があるのだろうかと疑っていたのですが、一回しただけで軽い筋肉痛を覚え、一週間経つ頃には心なしかお腹周りがスッキリしてきたのです。

 

ピチパツだったシャツにゆとりが出ました。

 

一回に5分程度で1日に3回くらいしただけです。これならお金も時間も場所も取らずに続けられそうです。

 

 

 

筋肉をつけるにはコツがあります

筋肉トレーニングにはコツがあるとよく言われていますが、その通りコツがあります。

 

筋肉トレーニングを素人がしても筋肉がなかなかつきませんが、慣れている人がトレーニングするとやればやっただけ筋肉がついてきます。

 

面白いくらいトレーニングしただけ筋肉がつくので筋肉トレーニングをやめられなくなります。

 

 

でも、筋肉トレーニングに慣れている人だけが身体を鍛えても仕方がありませんよね・・・。

 

筋肉量が少ない人だって筋肉が欲しいからトレーニングするのです。

 

そのときにむやみやたらに筋肉トレーニングをしないことが筋肉を増やすコツになりますよ。

 

 

ジムへ通ってトレーナーをつけると筋肉をつけたい部分につけることができるので、筋肉トレーニング初心者はジムを利用するのが良いと思います。

 

そうすると、筋肉を育てるにはどうしたらいいのか、ただ身体を鍛えていてもダメだということが分かると思います。

 

筋肉は休ませる時間に育つことも分かっていくでしょう。

 

 

自宅周囲の好条件を活かし屋外トレーニングを習慣化

 

 

自宅の周囲に素晴らしいロケーションが広がっていると、自然と日々のロードワークにも精が出てきますよね。

 

私も知人や友人から自宅周囲の環境を羨ましがられるのですが、確かに屋外でこうしたトレーニングを行うには最適な環境ではあるかな?と感じる事は多々あるものです。

 

というのも、自宅から10分も歩けば護岸沿い数キロに渡りジョギングコースが整備された素敵な海岸線が広がる一方、その道中にも緩やかなアップダウンがあり、日々ジョギングやウォーキングをするにも全く飽きないコース設定が出来ます。

 

また天然の緑も所々に残っており、野鳥のさえずりを聞きながら清々しい気持ちで走り抜けられるのも大きなポイントでしょう。

 

その分職場から遠く毎日の通勤時間の長さに悲鳴を上げる事も少なくないのですが、帰宅後のトレーニングやリラックスもまたこの静かな環境下で行え、丁度翌朝までには前日のストレスが解消されている、という具合なのです。

 

最近では室内で行っていた幾つかの筋トレメニューも屋外のジョギングコース内にある適度なスペースを見付け、朝のロードワークのついでに行う様になりました。

 

自然が多い丘陵地の中にはちょっとしたアスレチック広場もあり、その中の遊具を使ったトレーニングが大変面白いのです。

 

室内でストイックかつ悶々とこなすトレーニングも良いのですが、この様に早朝の自然の空気を一杯に吸い込みながらのトレーニングも楽しいものです。

 

 

 

理想はバレリーナの身体です

私の理想とする身体はバレリーナの身体です。

 

昔から私が目指している身体はバレリーナの身体でしたし、今もバレリーナの身体に憧れながら運動に励んでいます。

 

バレリーナの身体は柔らかいだけじゃないんです。

 

バレリーナの身体はもちろん柔らかいですが、すごく強いです。

 

片足で立ったりつま先だけで立ってそれをキープしたり、そんなことができるのはバレリーナだからです。

 

どんなに筋肉を鍛えた男性もこんな動きはできません。

 

これは筋肉だけでできる技じゃないからです。

 

つま先で立って踊るバレリーナの身体は常に上に引っ張られています。

 

というか、自分自身で身体を上に引っ張り上げながら踊っているのです。

 

そして意識は指先・足の先はもちろんのこと、表情や首がきれいに伸びているかまで伝わっています。

 

筋肉ムキムキの男性は筋肉で何とかしようとしますがそれではつま先で立つことさえできません。

 

私はクラシックバレエを経験していますがこんなにつらい運動は他にないです。

 

腕立て伏せは正しいフォームで

 

筋肉トレーニングのために腕立て伏せを選ぶ人が多いですね。

 

腕立て伏せってどうしてそんなに選ばれやすいのでしょう。

 

場所を取らないことは選ばれやすい理由だと思いますが、そのほかの理由が分かりません。

 

腕立て伏せをすると筋肉がつきやすいのでしょうか。

 

もちろん何も筋トレをしないより腕立て伏せでもやった方が筋肉はつきそうです。

 

だけど腕立て伏せをしているから筋トレは十分だと言えるのでしょうか・・・。

 

腕立て伏せも正しいフォームでやれば上半身に筋肉がついてきますが、私が見ている範囲では腕立て伏せを正しく行っていない人が多いのです。

 

だけど腕立て伏せをしている人は正しいやり方をしていると思い込んでいることが多いのです。

 

ちょっと間違えば肘や手首を痛めるだけで筋肉はつかないのに・・・と見ているこちらの方が不安になってしまいます。

 

腕立て伏せをするなら正しいフォームは絶対です。

 

間違ったフォームで腕立て伏せをするくらいなら他の筋トレをした方がいいです。

 

私の好きな運動

自分の好きな運動は「ジョギング」です。

 
その理由はジョギングは他の運動に比べて断然続けやすく、靴と服さえあればすぐにでも始められるからです。

 

またジョギングをする事で「脳に血流が回り集中力が上がる」「寝つきがよくなる」などの効果もあるので自分のライフスタイルに合わせて、早朝の仕事前に走ってから仕事をすると1日の集中力がかなり上がります。

 

仕事終わりの夜にやれば、その日気持ちよく眠れるので、いい事づくめです。継続してする事で気分が前向きになるのでメリットだらけでハマッてしまっています。

 

最近だと無料のジョギングアプリが複数でていますので、それで走行距離を測ったり友達同士で距離を競ったりする事もできるので継続もしやすく、特に今の寒い季節に継続的にする事で体温調節機能が上がり寒さに強くなっている事を実感します。

 

 

私は筋トレが苦手で高負荷の苦しさにいつも継続が困難だったのですが、ジョギングを始めて3年ほどですがほぼ毎日走る事が習慣にできていますがその事がもすごく自信になりました。

 

これからもジョギングを継続していきたいです。

 

 

 

スッキリ体型を得るなら程々のトレーニング内容でも大丈夫

ある程度糖質制限で体重が絞れてくると、それ程頑張って筋力トレーニングに励まなくともかなり身体がスッキリ見えてくるもの。

 

少なくとも上半身ムキムキという体型を目指すでも無い限り、これまでのメニュー内容を維持出来ていれば十分見られる体型にはなるものと思っています。

 

ちなみに私のトレーニング内容は4日に1度にプッシュアップ30回1セットにレッグレイズやクランチツイストを共に20回2セット。

 

これに時折10キロのダンベルを使ってのアームカールを左右10回2セットを加えるというもの。

 

ちょっと足りないな、と思える程度で止めておけば回復も早く、トレーニングも嫌にならずに持続性も出てくるもの。

 

これらのメニューを半年以上継続させた結果、体重をじっくり8キロ近く落とす事が出来たのです。

 

それなりに筋肉も付き、少なくともスリムなTシャツを着ても貧相と言われない位の上半身を手にする事が出来ました。

 

リバウンドで食べてしまうのが一番怖かったのですが、そこも適度に甘味を入れリカバリーしうまくやり過ごせました。

 

何事も追い詰め過ぎず、程々に行う事によって最も長期的な効果が得られると感じた次第です。

 

腕立てとは違い覚悟無くとも立ったままで気軽に取り組める大胸筋トレーニング

 

私がこれまで大胸筋、つまり胸板を鍛え厚くする為に積極的にやってきたトレーニングは、どこでも気軽に行える腕立て伏せ、しかも腕を目一杯広げ胸の筋肉を床面にさらけ出す結構キツイ体勢での腕立て伏せでした。

 
確かにこの方法はごまかしが利かない分胸板に筋肉が付くのもかなり早かったのですが、その辛さからしばしばこのメニューを行うにも億劫になってしまう時がありました。

 

特に帰宅後就寝まで殆ど時間が取れない時や酷く疲れている時、また気分が乗り気で無い時はどうしても身体が動かず、もう少し気を楽にして取り組めるメニューがあればサボる事も無かったのに・・と思う事もしばしばでした。

 

現在そんな気持ちでも上手く抑えてトレーニングを行えているのは、もう少し軽めのメニューを取り入れる事が出来たからです。それがチューブや大胸筋トレ専用のスプリングバーといった、立ったままでも気軽に鍛えられる用具を利用するというもの。

 

腕立て伏せの場合、その体勢に入るまで自分なりに気持ちの引き締めや覚悟が伴わないと無理というパターンが結構あったのですが、これらの用具を利用する時はそんな覚悟も要らず、抵抗感無くスッとトレーニングを始められる気楽さがあったのです。

 

それからはほぼ3日に1回のペースを堅持出来ており、助かっているのは事実です。

 

 

 

ダンスできれいな身体になってみては?

きれいな身体になりたかったらダンスを習うといいですよ!

 

ジャンルは特にこれと決めなくても好きなダンスでいいと思います。

 

私はハウスダンスとラテンダンスを中心に習っていますが、身体の芯から動かすので身体は自然に引き締まります。

 

ダンスというと遊びの要素が入っているようなイメージかもしれません。

 

もちろん、音楽を流しその音楽にのって身体を動かすので硬い感じは全くないといっていいでしょう。

 

楽しく音楽にのり身体を動かすのがダンスです。

 

それでも遊びではないため講師の元で習うのがいいと思います。

 

テレビを見たり何かを参考にしながらダンスをするのも悪くないですが、きちんと基本の動きから指導を受けるとうまく踊れるようになります。

 

ダンスをうまく踊れるようになるとムダな肉がどんどんなくなっていきます。これは面白いくらい早く結果が出るので気になる人は踊ってみてください。細く長~い質のいい筋肉もつくので若返り効果も期待できますよ。

 

半年以上掛かってようやくお腹に効いてきた下半身トレーニング

 

30を過ぎ次第に出てくるお腹を気にする様になり、一念発起で始めた下半身メインの筋力トレーニングも今月で既に10ヶ月目。

 

今年の初頭からスタートさせた週2回のメニューもだいぶ慣れ、どんなに疲れた日々でもそれ程苦に感じない位にはなりました。

 

ストレスが溜まりお腹が空くとトレーニング分以上に食べてしまう事も始めの頃はしばしば。

 

そのおかげで中々お腹が絞れない日々が続いた事もあったのですが、その後は食事量を意識して減らすと共に、並行して進めていた糖質オフの取組みも初夏になってからようやく効き始め、夏を超えようやく腹筋の縦筋が少しづつ分かる様になってきました。

 

まだ完全な逆三角形という体型には程遠いものの、上半身裸になっても何とか見られるスタイルになってきたのは事実で大変嬉しいもの。

 

また本来のトレーニングの目的が腹筋をバキバキに割るというものではなく、お腹をスッキリ見せたいという軽めのハードルだった為、後はこの体型の維持という面に注力していけばOK,という段階に入ったのです。

 

とは言え、様々なツイスト運動を始め腹筋を鍛える数多くのメニューを覚えられたという事は大きく、今後も定期的に取り組み続けていくつもりです。

 

 

 

砂の深いサーフで走る下半身トレーニングは意外と効果的

私がここ数年好んで行っている下半身強化の運動はずばり、ふかふかの砂浜をひたすら歩いたり走ったりして適度な距離往復し続けるというもの。

 

足先を踏み入れただけでシューズの半分近くまで埋まってしまう程の柔らかいサーフはクッション性抜群で、コンクリート面と比べれば下半身に対する負担はかなり軽く済ませられるもの。

 

それでいて足先の反発力が大きく吸収されてしまう分、1歩1歩にかかる足腰の筋力の負荷はかなり大きく、それこそちょっとしたプール歩行並みの効果が得られるのです。

 

もちろんそれには問題もあります。

 

一つは天気が悪化すると波も立つ上砂埃も舞い、トレーニングどころでは無くなってしまう点。これに関しては自然に逆らう事は出来ませんから、本来のプール歩行と並行して活用するしかないでしょう。

 

もう一つは砂そのものの問題。

 

日頃からよく利用する浅いランニングシューズで柔らかいサーフに入ると、踵等の隙間からどんどん砂が入ってきてしまい、程なく足元が不快な状態になってしまう事。

 

こちらは思い切って素足になってしまうといった手も考えられるのですが、砂の中にどんな危険な物体があるか分からず大変リスキー。

 

やはりトレーニング中は我慢するより仕方無い、といった感じでしょうか。

正しい姿勢を保つのは、立派な運動になるんです

 

健康や見た目のために運動をする、というと毎日腕立て伏せを50回やる、とか、ジムへ行ってストイックにマシントレーニングをやる、と思っている人は多いと思います。

 

しかしもともと運動する習慣がなかったり、筋力が衰えている人がそんな高いハードルを越えられるわけがないのです。

 

筋肉をつけて健康になる、スタイルをよくしたいのなら、まずは激しい運動よりも姿勢を正しましょう。

 

「は?そんなことで筋肉なんてつくの?」と思うかもしれません。

 

しかしそういう人ほど、実際きれいな姿勢を普段から作れていませんし、姿勢を保つ筋肉がないものです。

 

実際背筋を伸ばし、お腹をひっこめ、お尻の穴をしめて、頭の先を天井から糸でつるされた操り人形のようにまっすぐな姿勢をどれだけの時間キープできますか?

 

この姿勢をとるのにどこも辛くないですか?実はかなりの人がこれだけで意外とキツイと思います。

 

きれいな姿勢を保つのには実はかなりの背筋、腹筋が必要ですし、身体の隅々までの意識を高める必要があるのです。

 

運動をするには時間が必要ですが、よい姿勢をキープするのは仕事をしながら、電車に乗りながらできることなので特別な時間を取らなくてもどこでもできるのです。

 

だまされたと思って今、この瞬間から3分でいいのでいい姿勢を心がけてみてください。

 

ふとした瞬間に自分の姿勢をチェックしてみてください。それが少しずつ長く続けられるようになれば、それは立派な運動になります。本格的な運動をするのは、それからでも遅くはありませんよ。

 

 

 

嫌いな運動について

ランニングは体にとって負担があるようにしか思えません。学生時代に自分より早く走る人間が多かったこと。

 

僕の走り方にたいして悪口を言われていたからかもしれません。

 

個人的には交通機関を規制してまで都市部で行うマラソン大会も理解に苦しみます。

 

 

運動不足は解消するべきですが、あそこまで激しい運動をするのはしんどい事が苦になる人には不向きです。

 

 

しかも運動と言えばマラソンとイコールで繋がる位定番化されているのも問題かと思われます。

 

僕の場合は自転車などには一切乗らず、とにかく歩く事を実践しています。日頃から利用する方は無理かもしれませんが、自転車には乗らない生活を送っていたので、自然に始める事が出来ました。

 

 

歩くだけなので楽で気分転換にもなるので、無理なく続けられます。

 

 

ひょっとしたら歩くだけでは必要な運動量に達していないかもしれませんが、きつい運動をしても続かないよりはよっぽどマシだと考えています。

 

 

それよりも続ける気持ちを持ち続けたいです。

卓球はやるのも見るのもハマります

 

学生時代に卓球部だった訳ではないのですが、卓球は自分でプレイするのもテレビで観戦するのも楽しくて大好きです。

 

 

卓球好きになったきっかけは、大学の体育館に卓球台がたくさんあり、研究室仲間と毎晩のように卓球に勤しんだことでした。

 

卓球の良さは運動が苦手でも初心者でもプレイを楽しめることです。温泉旅館にもよく卓球台があって、老若男女誰でも気軽にできますしね。

 

例えゆるいラリーでも続けば嬉しくなりますし、少し練習したら試合もできます。シングルとダブルスではまたルールが変わって、違う競技のようにもなるのも卓球が飽きずに楽しめるポイントだと思います。

 

また、卓球はかなり奥深いスポーツです。

 

 

ただ早く打つだけでなく、カットしてボールに変化をつけることもできます。

 

 

サーブひとつ取っても様々な打ち方があります。研究して練習していくとますますハマりますよ。

 

 

今年の夏はリオオリンピックが開催され、男女ともにメダルを獲得しました。

 

 

特に水谷選手のプレイには胸が熱くなりました。全日本選手権などはテレビ中継されるので、毎年楽しみにしています。