「ダイエット」カテゴリーアーカイブ

スッキリ体型を得るなら程々のトレーニング内容でも大丈夫

ある程度糖質制限で体重が絞れてくると、それ程頑張って筋力トレーニングに励まなくともかなり身体がスッキリ見えてくるもの。

 

少なくとも上半身ムキムキという体型を目指すでも無い限り、これまでのメニュー内容を維持出来ていれば十分見られる体型にはなるものと思っています。

 

ちなみに私のトレーニング内容は4日に1度にプッシュアップ30回1セットにレッグレイズやクランチツイストを共に20回2セット。

 

これに時折10キロのダンベルを使ってのアームカールを左右10回2セットを加えるというもの。

 

ちょっと足りないな、と思える程度で止めておけば回復も早く、トレーニングも嫌にならずに持続性も出てくるもの。

 

これらのメニューを半年以上継続させた結果、体重をじっくり8キロ近く落とす事が出来たのです。

 

それなりに筋肉も付き、少なくともスリムなTシャツを着ても貧相と言われない位の上半身を手にする事が出来ました。

 

リバウンドで食べてしまうのが一番怖かったのですが、そこも適度に甘味を入れリカバリーしうまくやり過ごせました。

 

何事も追い詰め過ぎず、程々に行う事によって最も長期的な効果が得られると感じた次第です。

 

腕立てとは違い覚悟無くとも立ったままで気軽に取り組める大胸筋トレーニング

 

私がこれまで大胸筋、つまり胸板を鍛え厚くする為に積極的にやってきたトレーニングは、どこでも気軽に行える腕立て伏せ、しかも腕を目一杯広げ胸の筋肉を床面にさらけ出す結構キツイ体勢での腕立て伏せでした。

 
確かにこの方法はごまかしが利かない分胸板に筋肉が付くのもかなり早かったのですが、その辛さからしばしばこのメニューを行うにも億劫になってしまう時がありました。

 

特に帰宅後就寝まで殆ど時間が取れない時や酷く疲れている時、また気分が乗り気で無い時はどうしても身体が動かず、もう少し気を楽にして取り組めるメニューがあればサボる事も無かったのに・・と思う事もしばしばでした。

 

現在そんな気持ちでも上手く抑えてトレーニングを行えているのは、もう少し軽めのメニューを取り入れる事が出来たからです。それがチューブや大胸筋トレ専用のスプリングバーといった、立ったままでも気軽に鍛えられる用具を利用するというもの。

 

腕立て伏せの場合、その体勢に入るまで自分なりに気持ちの引き締めや覚悟が伴わないと無理というパターンが結構あったのですが、これらの用具を利用する時はそんな覚悟も要らず、抵抗感無くスッとトレーニングを始められる気楽さがあったのです。

 

それからはほぼ3日に1回のペースを堅持出来ており、助かっているのは事実です。

 

 
胃はたまた腸の動きが悪くなる原因は…。

かつてはアトピー性皮膚炎は、小さい子が罹患する疾病だと決めつけられていましたが、ここへ来て、その他の人でも多くなってきたように思います。きちんとした治療とスキンケアをやれば、正常にできる病気だと聞きます。
胃はたまた腸の動きが悪くなる原因は、病気だけではなく、運動不足・体調不良、更にはストレスです。その他、はっきりと原因だと公表されているのが、「暴飲暴食」だと聞きました。
生体というものは、銘々違っていて当然ですが、少しずつ老けていくものですし、全身のパワーもレベルダウンし、抵抗力なども減衰して、やがていずれかの病気が発症して死ぬことになるのです。
脳疾患に罹患すると、気持ちが悪くなったりかなりひどい頭痛といった症状が、一緒に見られることが通例だとされています。ちょっとでも気に掛かるとおっしゃる人は、医師に相談することが必要です。
動物性脂肪を口にする機会が多いために、血管の壁に脂肪がたまってしまう事態になって、少しずつ血管の内径が細くなり始め、脳梗塞で倒れるという順序が多いと聞いています。

風邪でダウンした時に、栄養成分を体内に入れ、布団に入り養生したら回復した、といった経験をしたことがないですか?こうなるのは、銘々が生来有している「自然治癒力」が働いてくれているからです。
ガンにつきましては、カラダ全体のさまざまな細胞にできる可能性があると言われています。肺・胃・大腸などの内臓は勿論の事、皮膚や血液などに発生するガンも見受けられます。
筋肉が張ったり頭部の血管が拡張されるようなことがありますと、頭痛が発生します。それに加えて身体の健全性、生活環境いかんによっても頭痛に繋がります。
今でも比較的周知されていませんが、ぜんそくが怖いのは、命を落としてしまうことがある傷病だからなのです。1年の間に、約2000人の患者が、ぜんそくの発作で生命を無くしているという発表があります。
動脈は年を取れば老化し、次第に弾力性も奪われ、硬くなってしまいます。言うなれば、動脈硬化は老化現象だと断言できるのですが、その進行状況は人それぞれで大きな差が出ます。

普通の咳だと信じていたのに、驚きの病気になっていたという例もいくらでもあります。わけても症状が全く快方に向かわない人は、専門病院で調べてもらうことを推奨します。
体内に入れる薬がハナから有している特徴や、患者さんの実情が影響を及ぼして、適正に使用しても副作用が見られることもあり得るのです。それに加えて、考えてもいない副作用が生じることもあるのです。
健康に自信を持っている方でも、身体内が細菌でいっぱいになると、免疫力が弱まります。生来身体が軟弱だったという方は、特にうがいなどを意識してください。
違いが判らない咳であったにしろ、寝ている時に幾度となく咳をしている人、運動を行った後に唐突に咳を連発する人、冬期間に外に出ると咳き込んでしまって大変だという方は、深刻な病気である可能性が高いです。
健康診断を受けて、動脈硬化が齎される因子が見受けられるのかをはっきりさせ、良くない素因があるということであれば、即座に毎日の生活を再検証し、回復するように頑張ってください。