理想はバレリーナの身体です

私の理想とする身体はバレリーナの身体です。

 

昔から私が目指している身体はバレリーナの身体でしたし、今もバレリーナの身体に憧れながら運動に励んでいます。

 

バレリーナの身体は柔らかいだけじゃないんです。

 

バレリーナの身体はもちろん柔らかいですが、すごく強いです。

 

片足で立ったりつま先だけで立ってそれをキープしたり、そんなことができるのはバレリーナだからです。

 

どんなに筋肉を鍛えた男性もこんな動きはできません。

 

これは筋肉だけでできる技じゃないからです。

 

つま先で立って踊るバレリーナの身体は常に上に引っ張られています。

 

というか、自分自身で身体を上に引っ張り上げながら踊っているのです。

 

そして意識は指先・足の先はもちろんのこと、表情や首がきれいに伸びているかまで伝わっています。

 

筋肉ムキムキの男性は筋肉で何とかしようとしますがそれではつま先で立つことさえできません。

 

私はクラシックバレエを経験していますがこんなにつらい運動は他にないです。

 

腕立て伏せは正しいフォームで

 

筋肉トレーニングのために腕立て伏せを選ぶ人が多いですね。

 

腕立て伏せってどうしてそんなに選ばれやすいのでしょう。

 

場所を取らないことは選ばれやすい理由だと思いますが、そのほかの理由が分かりません。

 

腕立て伏せをすると筋肉がつきやすいのでしょうか。

 

もちろん何も筋トレをしないより腕立て伏せでもやった方が筋肉はつきそうです。

 

だけど腕立て伏せをしているから筋トレは十分だと言えるのでしょうか・・・。

 

腕立て伏せも正しいフォームでやれば上半身に筋肉がついてきますが、私が見ている範囲では腕立て伏せを正しく行っていない人が多いのです。

 

だけど腕立て伏せをしている人は正しいやり方をしていると思い込んでいることが多いのです。

 

ちょっと間違えば肘や手首を痛めるだけで筋肉はつかないのに・・・と見ているこちらの方が不安になってしまいます。

 

腕立て伏せをするなら正しいフォームは絶対です。

 

間違ったフォームで腕立て伏せをするくらいなら他の筋トレをした方がいいです。

 

私の好きな運動

自分の好きな運動は「ジョギング」です。

 
その理由はジョギングは他の運動に比べて断然続けやすく、靴と服さえあればすぐにでも始められるからです。

 

またジョギングをする事で「脳に血流が回り集中力が上がる」「寝つきがよくなる」などの効果もあるので自分のライフスタイルに合わせて、早朝の仕事前に走ってから仕事をすると1日の集中力がかなり上がります。

 

仕事終わりの夜にやれば、その日気持ちよく眠れるので、いい事づくめです。継続してする事で気分が前向きになるのでメリットだらけでハマッてしまっています。

 

最近だと無料のジョギングアプリが複数でていますので、それで走行距離を測ったり友達同士で距離を競ったりする事もできるので継続もしやすく、特に今の寒い季節に継続的にする事で体温調節機能が上がり寒さに強くなっている事を実感します。

 

 

私は筋トレが苦手で高負荷の苦しさにいつも継続が困難だったのですが、ジョギングを始めて3年ほどですがほぼ毎日走る事が習慣にできていますがその事がもすごく自信になりました。

 

これからもジョギングを継続していきたいです。

 

 
脳に関連した病気に見舞われると…。

咳やくしゃみをする際は、ティッシュやハンカチを使って口と鼻を押さえることを忘れないでください。水沫を最大限に拡散しないようにする気遣いが、感染の拡大を防いでくれるはずです。礼節を守るようにして、感染症を少なくしましょう。
糖尿病に関しては、インスリン生成がほとんど望めない「1型糖尿病」もあるとのことです。この病は自己免疫疾患だと定義されているようで、遺伝的素因が大きく影響を与えているわけです。
我々は味噌はたまた醤油などが好きなため、生来塩分過多のきらいがあります。その結果高血圧になって、脳出血に結び付く例も多いと教えられました。
脳に関連した病気に見舞われると、気持ちが悪くなったりこれまでにない頭痛といった症状が、組み合わせのように現れ出ることがほとんどだと言われます。ちょっとでも気に掛かるとおっしゃる人は、専門医で診察を受ける方が良いでしょう。
糖尿病と言えるほど高い数字じゃないけど、正常値だとも断言できない血糖値のことを境界型と言われます。境界型は糖尿病だとは言えませんが、いずれ糖尿病だと診断されることがあり得る状況なのです。

生体は、各自違っていて当然ですが、ジワジワと年を取っていくものですし、身体機能も減衰し、抵抗力なども落ちて、その内に特有の病気が発症して死ぬことになるのです。
違いが判らない咳であったにしろ、床に入っている時にとめどなく咳が出ている人、運動した後に突如咳が襲ってくる人、気温の下がっている場所で咳き込んでしまって大変だという方は、深刻な病気である可能性が少なからずあります。
早寝早起き、規則的で栄養成分豊富な食生活が何より大切なのです。程良い運動は、新陳代謝や呼吸・循環器系機能をアップしてくれ、ストレスの解消にも一役買います。
少子高齢化のせいで、今でも介護を職業とする人が全然足りていない日本におきまして、この先なお一層パーキンソン病患者がその数を増やしていくというのは、根深いテーマになると断定できます。
薬自体は、病気の症状を緩和したり、その原因を解消することで、自然治癒力を援護します。更には、病気の感染予防などのために供与されることもあります。

骨粗しょう症につきましては、骨を形作る時に求められる栄養分であるビタミンD・カルシウムもしくはタンパク質などを取り込んでいないことや、運動不足であるとか飲酒喫煙などが理由で発生する病気だと聞いています。
生活習慣病に関しましては、糖尿病あるいは脂質異常症などが代表的で、古くは成人病と言われていました。過食、アルコールの飲み過ぎなど、やっぱり通常の生活環境が相当関係していると指摘されています。
パーキンソン病になり始めた頃に多く見受けられる症状が、手足の震えだと言われています。並びに、筋肉のこわばりとか発声障害などが発症することもあると聞いています。
胸をギュッとされる症状だけに限らず、息切れがしょっちゅうあるのなら、「心不全」だと言えそうです。重篤な病気だと断言します。
膠原病というと、各種の病気を表わす総称ということになります。病気が違うと、身体への負担もしくは治療方法も相違してくるのですが、今のところ臓器の一部分である細胞の、イレギュラーな免疫反応が影響を与えているらしいです。